JaSECT
- - - - - - - - - -
検索
- - - - - - - - - -
医学会の概要
教育セミナー
学術大会
学会誌
教育委員会からのお知らせ
体外循環技術認定士
実技セミナー
安全対策委員会からのお知らせ
地方会の近況
他学会(お知らせandリンク)
質問箱
お問い合わせ
入会申し込み
定款
利用規程
- - - - - - - - - -
 
:: ©2007 JaSECT ::
 
Members Only >> 会員専用ページ 会員専用Webメール 電子会議室
一般社団法人 日本体外循環技術医学会      :JaSECT          The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine
||| 教育委員会からのお知らせ |||
【LAST UPDATE :09.Aug.2017】

        
 
  受講証と修了証の発行についてのご案内
                      2017.08.09UP


  教育委員会からのお知らせ
春のセミナーと秋の補講に関して
今後体外循環技術認定士の受検の方はできるだけ春のセミナーを申し込んでください。秋季の補講でも受験の単位や更新の条件を満たせますが、本年の受験・更新に必要な受講に関しては必ず本年の春のセミナーを受講してください
                    2016.04.07 UP


 体外循環技術認定士および人工心臓管理技術認定士の重要なお知らせ
                           2016.3.23UP


 
  人工心臓管理技術認定士(小児体外式)についてのご案内
   1:EXCOR施設認定には人工心臓管理技術認定士または
     人工心臓管理技術認定士(小児体外式)の1名常勤要項があります。
   2:人工心臓管理技術認定士(小児体外式)の申請締切を6月19日まで
     延長いたしました。
                         2015.06.12 UP

 2015年度以降の教育セミナー開催方法についてのお知らせ
 2015年度以降の教育セミナー開催方法について春秋とも事前受付のみとします。
 詳細はお知らせ(PDF)をご覧ください。
          2014.08.25UP
                       


 2013年度教育委員会活動報告   (2011.11.11UP )
     2013年度JaSECT大会委員会報告のセッションで報告した内容です。 


 体外循環技術認定士および人工心臓管理技術認定士のお知らせ
                             (2011.04.30 UP )
 今年度の体外循環技術認定士および人工心臓管理技術認定士の概要が新たに更新されて
 おります。今年度両認定士の指定講習会を受けられる方、更に今年度両認定士試験を受験
 される会員の方、体外循環技術認定士の更新をされる会員の方は、詳細を人工臓器学会の
 ホームページ(http://www.jsao.org/member/80.html)に掲載されておりますので
   ご確認下さい。
JaSECT教育プログラム
JaSECT 教育委員会では、常に時代に対応できる優れた体外循環技術者の育成を目指して、毎年春季と秋季にJaSECT教育セミナーを開催しています。カリキュラム は全36単位を3年に分けて開催しています。また、2011年よりJaSECT教育カリキュラムの修了には座学1,2,3年次(36単位)に加え、 JaSECT人工心肺実技セミナー(実技セミナー)の1単位が必要になりました。カリキュラムはこちらから。
セミナーを受講すると「受講証」を、実技セミナーを含む全カリキュラムを修了しますと、「受講修了証」を発行します。体外循環技術認定士の受験には「受講修了証」が必要で す。受講は2年次あるいは3年次からでも可能ですが、途中で受講が抜けると同じ内容のカリキュラムは3年後となりますので、3年連続して受講されることを お勧めします。                       2013.11.11UP

今後の予定                         2016.10.30UP
●2016 年度(第12回3年次、開催担当:近畿地方会および北陸地方会)は、春季を佐藤昌臣[関西医科大学滝井病院] 開催委員長のもと神戸国際展示場(2016.5.28-29)で、秋季補講を櫻井修[金沢大学附属病院]副開催委員長のもと金沢歌舞伎座 (2016.10.1-2)で開催した。
●2017年度(第13回1年次、開催担当:東海地方会および東北地方会)は、春季を岩城秀平[静岡県立こども病院]開催委員長のもと名古屋国際会議場セ ンチュリーホール(2017.5.13-14)で、秋季補講を尾越昇[仙台厚生病院] 副開催委員長のもと仙台市情報産業プラザ(2017.10.21-22)で開催予定。
●2018年度(第13回2年次、開催担当:北海道地方会および九州地方会)は、春季を北海道で、秋季補講を九州で開催予定。


教育セミナーカリキュラム
体外循環技術認定士
   体外循環技術認定士は、「医師の指示のもとで行う人工心肺等の体外循環装置を操作するための技術を有する能力」を、関係4学会(日本人工臓器学会、日本 胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本体外循環技術医学会)により、認定されます。(本学会が2009年から加わりました。)認定士の受験には一定の 受験資格が必要で、試験は筆記・口頭試問によって行われ、合格者には「体外循環技術認定士 資格証明書」が発行されます。認定は5年間有効で、認定士を維 持するために5年ごとに更新条件を満たし、更新手続きが必要です。
  受験資格や試験などに関する詳細は「臓器学会ホームページ
  http://www.jsao.org/member/80.html 」掲載されています。

重要なお知らせ

       教育委員会からの重要なお知らせ  (2010.12.08 UP)
                             理事長   吉田 靖
                           教育委員長 百瀬直樹

1.JaSECT教育セミナー年二回開催について
2015年より心臓血管外科専門医認定機構が認定する心臓血管外科修練施設として
「施設に体外循環技術認定士が1名以上勤務していること」の条件が加わることが内定
しました。このため、2015年までの間は体外循環技術認定士の受験者の大幅な増加が
予想されます。そこでしばらくの間、毎年春に開催しているJaSECT教育セミナーに加え、秋頃に別会場で2回目のJaSECT教育セミナーを開催することになりました。
内容は春の1回目のセミナーと同じ年次のカリキュラムで同じ講師です。ただし、2回目は事前申し込みの定員制で、定員に達し次第締め切ります。申し込みは1回目のセミナーと同時期に受け付けます。
2.体外循環技術認定士受験条件の緩和について
体外循環技術認定士受験条件のひとつに人工臓器セミナーを1回受講したうえで、
さらに20ポイントが必要でした。2011年よりこれが緩和され人工臓器セミナーを1回受講したうえで、さらに10ポイント受講することが条件となります。JaSECT教育セミナーの必要単位数は変わりません。

3.体外循環技術認定士更新条件の緩和について
体外循環技術認定士更新条件のひとつである経験症例数が5年間で30例必要ですが、
2011年より更新条件の経験は主操作者に加え指導者も認められることになりました。
具体的には、更新の場合体外循環記録にある2番目の操作者も経験症例に認められます。
今後、体外循環技術認定士の皆様はこれを踏まえて体外循環記録に氏名を記録してくだ
さい。過去の記録簿で指導的立場として従事しながら氏名の記載ない場合には、担当した
医師の証明により経験症例として認められます。詳細は、人工臓器学会のホームページを
ご覧ください。
4.JaSECT人工心肺実技セミナー受講のお願い
2011年よりJaSECTカリキュラムの必修単位は座学36単位に加え、実技1単位が加わり
ま す。これからJaSECTカリキュラムの「受講修了証」発行を希望される会員は必ず実技セミナーも受講して下さい。実技セミナーは毎年JaSECT教育セ ミナー、日本人工臓器学会教育セミナー、JaSECT大会、各JaSECT地方会で開催しています。全て定員制で事前登録が必要です。来年のJaSECT セミナー等では、混雑により申し込みができないことが予想されますので受講が必要な方は実技セミナーをお早めにお申し込みください。なお、実技セミナーを 受講すると「実技セミナー受講証」が発行されますので、大切に保管してください。
  • 体外循環技術認定士認定資格の取得・
         更新に関するセミナー受講のポイント制導入について


    平成22年より体外循環技術認定士認定試験受験資格および更新条件における
    「日本人工臓器学会教育セミナー受講」に関して、ポイント制(単位制)を採用することが決定いたしました。

    1.体外循環技術認定士認定試験の受験資格におけるセミナーの受講について
     受験資格におけるセミナーの受講条件は以下の3点を満たすこと。
      1)JaSECT教育カリキュラム全過程修了
      2)日本人工臓器学会教育セミナー1回受講
      3)上記の他、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本人工臓器学会
        いずれかの教育セミナーで10ポイント以上受講

    なお日本人工臓器学会教育セミナー1回は10ポイントで、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会の教育セミナーのポイント数は、プログラムの内容により毎回異ります。

    2.体外循環技術認定士の資格更新条件について
      更新資格におけるセミナーの受講条件は、更新期間内に以下の2点を満たすこと。
      1)JaSECT教育セミナー1回以上受講
      2)日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、日本人工臓器学会いずれかの
        教育セミナーで10ポイント以上受講

    なお日本人工臓器学会教育セミナー1回は10ポイントで、日本胸部外科学会、
    日本心臓血管外科学会の教育セミナーのポイント数は、プログラムの内容により
    毎回異ります。

    上記はセミナーの受講に関する条件であり、体外循環技術認定士の受験と更新
    には、さらに免許、所属学会、経験症例数などの条件が加わります。
  • 体外循環技術認定士の受験資格および更新条件の制度変更にともない、日本人工
    臓器学会セミナー受講に関する解説(Q&A)を設けました。下記のPDFをご確認下さい。
      ※ ポイント制の解説(Q&A)  (PDF 2010.12.08 UP)

    詳細は人工臓器学会ホームページhttp://www.jsao.org/member/80.htmlにて

人工心臓管理技術認定士

  「医師の指示のもとで行う補助人工心臓症例の管理に関する技能・知識」を関係4学会 1研究会(日本人工臓器学会、日本胸部外科学会,日本心臓血管外科学会、日本体外循環技術医学会および日本臨床補助人工心臓研究会)により認定されます。 2009年度から創設され、筆記および面接試験に合格する必要があります。この資格は、5年ごとに更新が必要となります。なお、制度詳細とJACVAS 補助人工心臓セミナー内容は、「臓器学会ホームページ」 http://www.jsao.org/」に詳しく掲載されています。

ご意見、ご要望

ご意見、ご要望がありましたら、ID番号と氏名を記入の上、下記までお寄せ下さい。

○一般社団法人 日本体外循環技術医学会 教育委員会
〒330-8503 さいたま市大宮区天沼町1-847
自治医科大学さいたま医療センター 臨床工学部
百瀬直樹
電子メール:jasect@jasect.jp(医学会事務局)
Fax:048-648-5188


<< 前の画面に戻る トップページ >>