JaSECT
- - - - - - - - - -
検索
- - - - - - - - - -
医学会の概要
教育セミナー
学術大会
学会誌
教育委員会からのお知らせ
体外循環技術認定士
実技セミナー
安全対策委員会からのお知らせ
地方会の近況
他学会(お知らせandリンク)
質問箱
お問い合わせ
入会申し込み
定款
利用規程
- - - - - - - - - -
 
:: ©2007 JaSECT ::
 
Members Only >> 会員専用ページ 会員専用Webメール 電子会議室
一般社団法人 日本体外循環技術医学会      :JaSECT          The Japanese Society of Extra-Corporeal Technology in Medicine
||| 体外循環技術認定士 |||
【LAST UPDATE :24.Jun.2017】

「体外循環技術認定士」

  体外循環技術認定制度は、人工心肺等の体外循環装置を操作するための技術を有する能力を、日本人工臓器学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、そして日本体外循環医学会の4学会が認定するもので、1987年から実施されております。

  認定は、特定の医療国家資格取得者で、体外循環に関する経験3年以上で一定の体外循環症例を経験し、セミナーの受講による規定単位の修了などの条件を満た したうえで、毎年開催される筆記試験ならびに面接試験に合格することによって「体外循環技術認定士」として認められます。

 またこの資格を維持するには、5年毎に一定の体外循環症例の経験と共に、セミナーを受講し更新を受けなければなりません。
なお、「体外循環技術認定士は更新申請時において引き続き5年間、JaSECTおよび、日本人工臓器学会の会員であること」とされておりますので、いずれ かの学会を退会された時点(会費未納での退会処分も含めて)で更新申請ができなくなりますのでご注意ください。                   (2011.05.28 UP)

 2011年よりJaSECT教育カリキュラムの修了には座学1,2,3年次(36単位)に加え、JaSECT人工心肺実技セミナー(実技セミナー)の1単位が必要になりました。
JaSECT教育カリキュラムが未修了で実技セミナーを受講していない方は、
お早めに実技セミナーを受講してください。
 
 なお、制度の詳細は、日本人工臓器学会ホームページをご覧下さい。
体外循環技術認定士(各都道府県)の公開を現在停止しております。                                       (2012.03.21 UP)

日本人工臓器学会教育セミナーについて
日本人工臓器学会教育セミナー「体外循環と補助循環」のご案内 (2017.6.24 UP)

 日本人工臓器学会主催による第33回教育セミナー「体外循環と補助循環」が開催されますので、ご案内いたします。
本セミナーは、体外循環技術認定士認定試験の受験条件の1つになっておりますので、認定士を取得および更新される方は、認定試験受験、資格更新に関する条件を理解され、今回の受講をお忘れないようお願い致します。
 なお、従来通りJaSECT経由で申し込まれた場合には、JaSECTホームページに、申込(入金)および受講歴が表示されますが、人工臓器学会に直接申し込まれた場合は、JaSECTホームページ上での履歴表示ができませんので、ご注意下さい。

日時:2017年7月15日(土)〜16日(日)
   第1日目9:35〜19:00、第2日目8:55〜11:00
会場:弥生記念講堂(東京女子医大講堂)   東京都新宿区河田町8-1

JaSECT受付の申込期間:2017年6月1日(木)〜29日(木) 
            定員680名(先着順で締切ります)
JaSECT受付の申込方法:JaSECT会員専用ページに進み、お申し込みください。
            会員限定
JaSECT申込受講料:12,500円 (テキスト代込)

プログラム:体外循環と補助循環

その他:入会と同時に受講申込を希望される方は、入会手続きをホームページから行い、並行して、セミナー申し込みを郵便振り込みで行ってください。以下の郵便振込口座に12,500円(手数料別)を振込み、通信欄に受講者名および入会手続中であることを記載下さい。振込締切は同じ6月29日です。※期限厳守
<セミナー専用郵便振込み口座>
セミナー専用郵便振替口座名: JaSECTセミナー事務局
口座番号:00850−6−158917
問い合わせ先:JaSECT事務局  jasect@jasect.jp
詳しくは、PDFをご覧ください。


第33回日本人工臓器学会教育セミナー「体外循環と補助循環」の詳細に関しては、「人工臓器学会ホームページ」をご参照下さい。
<< 前の画面に戻る トップページ >>